ヨガの三角のポーズは、骨盤矯正や下半身の引き締め、そして消化能力を高める効果を期待出来るポーズです。このポーズは、初心者でも挑戦しやすいポーズの1つです。

始める時にはまず足を大きく開いた状態で立ち、両腕は地面と平行になるように真横に伸ばしておきます。そのまま体を傾ける側の足先を外側に向けます。左側の足先を外側に向けたのであれば、その足先に向かって左手をゆっくりと下ろしていきます。この時、体を前や後ろに倒さず、真横へと倒していく事が重要になります。

そして、体を倒したらそのまま30秒程、静止し、ゆっくりと体を起こし、今度は反対側へと体を倒し、30秒程静止したら戻すという動きを繰り返します。この時に重要になってくるのが、呼吸を止めない事です。

ゆっくりと呼吸をしたままこうしたポーズを繰り返していく事で、気持ちを落ち着ける事ができるだけでなく、インナーマッスルをしっかりと鍛えていく事ができます。

ヨガのポーズといえば、とても難しい、体が柔らかくなければできないというイメージを持つ人は少なくありません。ですが、三角のポーズのように誰でも簡単にできるポーズも多く、興味を持ったら気軽に始める事ができます。