ヨガのらくだのポーズは、消化器官を強くする効果が期待出来ます。その為、便秘気味であるという方や、下痢になりやすいという方に、まさにピッタリのポーズです。

また、肩甲骨を寄せる動きをある事から、肩凝りや猫背の改善にも効果が期待出来ます。そこで、スマートフォンやパソコンを長時間使う事が多いという方にも、らくだのポーズはオススメです。簡単なポーズなので、ヨガの経験が事がないという方でも、すぐに取り組めます。

まず、正座をしたらお尻を上げて、膝立ちになりましょう。この時、足は腰幅ほどに広げて、手は背中側から骨盤にあてて下さい。続いて、息を吸いながら、左右のかかとを片方ずつ、親指を外側に向けながら掴みましょう。かかとを掴んだら、倒れてしまわないように腹筋とかかとを持つ手で、バランスを調整しましょう。そして息を吐きつつ、おへそを前に突き出すイメージで上体をそらしたら、顎を天井に向けて下さい。

この状態を深い呼吸を行いながら20秒から30秒ほどキープしたら、元の膝立ちの状態へと戻しましょう。体が硬く、なかなかかかとを持つ事が出来ないという方は、手を骨盤にあてた状態でキープしましょう。その際も、深い呼吸を行う事は忘れないで下さい。