多くの現代人が、パソコンやスマートフォンの使用により、気付かないうちに猫背になっています。猫背は、肩こりや腰痛・目の疲れだけでなく、臓器圧迫による呼吸不調や、便秘・下痢の症状の原因にもなり得ます。更には、血流悪化に伴い、太りやすい体になる可能性も有ります。こうした猫背に効果があるのが、ヨガのバッタのポーズです。

バッタのポーズは、頭・胴体・足を持ちあげる為、背筋力の少ない初心者には難しいポーズです。床にうつぶせになって足を揃えて伸ばした後に胴体を持ち上げるのですが、動きが不安定になりがちです。両手を床に置き、床を押しながら胴体上部を持ちあげ、その後両手を床から離してみましょう。そのまま適宜ポーズを維持し、息を吐きながらゆっくりと元の姿勢へ戻します。頭を上げる際、首が極端な曲がり方をしないように、首の後ろを伸ばすようにしましょう。さらに、足を上げる際は片足ずつあげると楽です。

バッタのポーズにより、背中や肩甲骨の柔軟性をアップすることによる猫背改善に加えて、背中や下半身の脂肪を燃焼させて筋肉を引き締める事が出来ます。また、腹に重心をかける事で腸を圧迫・刺激し、消化機能を活発にして便秘解消にも効果があります。